· 

アスリートの方に施術をオススメする理由 ~その筋力の左右差は本当に筋力不足?~(見沼区 大和田 蓮沼で運動・スポーツをされている整体・骨盤矯正をお考えの方へ)

「筋力に左右差がある」

 

というの“利き手”や“利き足”が存在する以上、当然の認識・感覚だと思います。

 

沢山使っている側の方が筋肉も沢山使われますし、苦手な方というのは、やはり意識しなければ利き手と比べれば劣る部分もあると思います。

 

ですが、例えば腕立て伏せでも、バランスボールを使った腹筋のトレーニングでも、左右両方に同じような力を加えているはずなのに、うまくできない側が出てきたりします。

 

それを単なる「筋力の左右差」として片づけてもいいのでしょうか。

 

実は「筋力に差がある」という事以外にも、

 

「筋肉の出力が正常に発揮できていない」

 

ということがあります。

 

その理由は関節神経機能の低下によるものです。

筋肉は当然勝手に縮んだり伸びたりはしません。

脳からの指令が神経によって情報として伝えられ、それによって筋肉が使われます。

 

ですがその神経が異常を起こすと、それにより筋力は正常の出力を発揮することができなくなります。

 

当院では施術前はほぼ必ず筋出力のテストをします。

 

施術前は笑ってしまうくらいに抵抗に勝てなかった筋力が、施術後にはその機能を取り戻し、しっかりと力が入るようになります。

 

力がうまく入らない状態で筋力トレーニングをするのと、正常の筋力の出力を取り戻した状態でトレーニングをするのでは、効果は火を見るよりも明らかです。

 

関節や筋肉の機能異常を施術するということは、当然身体の負担や誤った動きも減り、ケガの予防にも繋がります。

 

最近スランプが続いている、うまく身体が使えていない気がする、何故かケガが多いなどのお悩みがございましたら是非一度当院にご相談下さい。

 

詳しい施術の情報はこちらです!