· 

腰痛について~下肢のしびれ~(見沼区 大和田の腰痛でお困りの方へ)

腰痛の症状の一つに「下肢の神経痛」というものがあります。

 

一番有名なのは「坐骨神経痛」だと思いますが、これらは病気の名前ではなく、風邪に対しての“熱”や“悪寒”と同じような症状の一つです。

 

下肢のしびれを引き起こすものは大きく3つに分けられると考えます。

 

1.関節の異常によるしびれ

2.筋肉の異常によるしびれ

3.内科的疾患・異常によるしびれ

 

3.の「内科的疾患・異常によるしびれ」に関しては当院のような接骨院や整形外科でも正確に診断することはできません。

もし内科的な心当たりや不安があるのであれば、まずは脳神経内科や循環器内科などに一度受診されるのがいいと思われます。

 

もしそこで異常がないとお墨付きを頂いたのであれば、1.や2.の原因によるしびれの可能性が高いです。

 

関節の異常によるしびれ

関節の異常によるしびれの二大疾患といえば

 

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

 

の2つだと思います。

 

ともに関節を構成する組織による異常が神経に触れることで症状を起こします。

 

今回は個々の症状や病態については触れませんが、どちらもそれぞれ重症度によって症状や治療のアプローチが異なり、必ずしも手術をしなければならないという訳ではありません。

 

軽度であれば関節や筋肉の機能を整えることで症状を落ち着かせることができます。

 

ですが解剖学的な構造の異常をもとに戻すというのは当院のような接骨院やその他の整体などの経皮的、徒手的な施術では不可能です。

当院でも症状によっては整形外科の先生のご紹介を判断する場合があります。

筋肉の異常によるしびれ

筋肉が固くなることで神経を圧迫し、しびれが起こることもあります。

 

最も一般的な症状は「梨状筋症候群」と呼ばれるもので、梨状筋という下肢の神経に対してトンネルのような筋肉が緊張することで圧迫するものです。

梨状筋はお尻にある筋肉ですが、腰部が疲労を起こすと負担を受けやすい筋肉の1つです。

 

また筋肉の緊張のバランスにより血流が悪くなったり神経を圧迫することで下肢がしびれることもあります。

 

関節の異常は筋肉の余計な緊張を作ることが多いため、当院では関節のアプローチ・関与している個々の筋肉へのアプローチをそれぞれ行うことでしびれの症状の解決を目指していきます。

接骨院の施術でよくなるのか

実は私も高校時代に、重度のヘルニアでかなりツラい思いをしました。

当時私は柔道に打ち込んでいて、関東大会の出場が決まっていました。

ですが当時はまともに起きれなかったり、座って食事を摂るのも困難な程でした。

 

MRIによる診断結果で2か所のヘルニアが強く神経を圧迫していることがわかり、医師からは“本日付けの柔道の引退”と“手術”を促されました。

 

ですがせっかく決まった念願の関東大会にどうしても出たいと申し出て、とりあえず3週間絶対安静が決まり、その間に接骨院の施術、そしてカイロプラクティックによる施術を受け、3週間以降も続けました。

 

結果痛みはかなり減少し、無事関東大会に出場。予選敗退とはなりましたが、抑え込まれた身体を思いっきり反って返して逃げることができるくらいまで回復しました。

 

もちろんその時も「腰椎椎間板ヘルニアを治してもらった」訳ではありません。

ですが、適切な関節や筋肉へのアプローチで生活や競技に復帰できる余地があった、ということです。

 

手術は当然、症状によってはしなければならない場合もあります。

ですがやはり患者としては少し怖いと感じるもの。

 

もし足のしびれでお困りの方は、私も同じツラさを抱えていた同志です。

是非一度当院にご相談下さい。