· 

“脚の長さが違う”というのはどういうこと?

 よく“脚の長さが違う”という状態をご自身で感じたり、TVなどのメディアにも取り上げられることがあります。

 

 脚の長さに左右差があるというのは土台が安定をしていない為、身体の上部でなんとかバランスをとることになり、様々な関節や筋肉に影響を与えてしまう要因となるので、可能であれば解決をしたい問題でもあります。

 

 では実際“脚の長さに左右差がある”というのはどういうことでしょうか。

 

 まず大きく分けて、2通りのパターンがあります。

 一つは、本当に脚の長さが違うパターン。

例えば、股関節の手術をして人工骨頭にした際長さが合わなくなってしまった方や、

大腿骨などの脚の骨を折ってしまい、しっかりと元の状態まで治ることができなかった方。

あるいは先天的な要因などで左右に差ができてしまっている方もいらっしゃいます。

 以上のような原因で、脚の骨の長さを測定したときに本当に左右差がある場合を「解剖学的下肢長差」といいます。

 

 そしてもう一つは、実際に脚の長さ自体が違うのではなく、どこか身体の異常の影響で、見かけ上、脚の長さに左右差が見られているパターンです。

 よく活発な児童にみられる、股関節炎での「仮性延長」は見かけ上患部側が長く見えます。

また、様々な関節や筋肉に機能異常がある場合は、片方の脚が短くなるという神経の反射を起こしています。

 以上のような原因で、脚の骨の長さを測定しても変わらないにもかかわらず、脚に左右差が出ている場合を「機能的下肢長差」といいます。

 

 解剖学的下肢長差というのは、手術などで実際に骨の長さを変えなければ揃えることは難しいですが、

機能的下肢長差というのは、たいていの場合、適切な検査・施術を行えばその場で揃えることも可能です。


 上の写真はどちらも同じ人で、同日に撮影したものです。

左の写真は施術前。右は施術後です。

左の写真では右側が短いことがわかります。

 施術後には脚の長さを引き起こしていた身体の異常による神経の反射が解かれたため、本来の位置に戻っています。

 

 ちなみに説明をしますと、この方は当院のスタッフで、もともと腰や首元に痛みを訴えることはあっても、この日は調子がいい方でほぼ症状はありませんでした。

 

 それでもやはり異常は残っているのでこれくらいの脚長差が出ています。

症状のひどい方などは、上の写真よりももっと左右差が強く出ていることが沢山あります。

 この脚長差が出てしまう要因というのは沢山身体に隠されています。

当院では「アクティベータメソッドカイロプラクティックテクニック」という技術を用いて、その異常を作っている原因となっている部位を特定し矯正をすることで、先ほどの右側の写真のように、その場で本来の正常の位置に戻していきます。

 

「アクティベータメソッドカイロプラクティックテクニック」についてはこちら!

 ご自身の脚の長さの左右差が気になった方は是非一度当院にご相談ください。

📞 048-796-3212