Q.常月接骨院では健康保険を使って施術はできますか?

A.はい。

ですが健康保険が使用できる症状とできない症状がありますことをご理解下さい。

 

当院は接骨院ですので、「柔道整復師」という国家資格を取得した人間が施術にあたっています。

 

ですので、健康保険適応の認められたものに対しては健康保険を使って施術を受けることができます。

 

 具体的には「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・肉離れ及び筋腱炎症等の筋骨受傷」がその対象です。

 

 骨折や脱臼に関しては、受傷後の応急処置としての施術は問題なく健康保険を使用して受けられますが、継続して治療をする場合、一度病院でレントゲンなどを撮り診断して頂いた上で、接骨院で施術をすることの医師の同意が必要となります。

 

「単なる肩こり」や「慢性的な全身症状」などはどの接骨院・整骨院でも健康保険の使用はできません。

 

当院ではそのような方でも健康な身体を取り戻すことができるよう、自費による(最大4320円)施術をご用意しております。

 

ご自身の症状が健康保険を使えるかどうか不安だ、という方はお気軽に当院にお電話ください。

 


Q.腰が痛いのですが、健康保険は使用できますか?

A.いわゆる「腰痛」という症状は健康保険を使用できる場合と、できない場合があります。

 

 接骨院が健康保険を扱える対象は「原因のある急性の骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・肉離れ及び筋腱炎症等の筋骨受傷」ですので、

 

“昨日荷物を持った際に痛めてしまった痛み”であったり、“今朝起床時、上半身の重みを支えきれず腰に負担がかかり痛めてしまった”というものであれば、

急性の捻挫や挫傷である可能性が極めて高いので健康保険を使用して施術を受けることができます。

 

 たとえば、いわゆる何か荷物を持った際に起きた“ぎっくり腰”と言われる症状は急性の強い負担による「腰部の捻挫」または「背部の筋の挫傷」である可能性が高く、健康保険の使用可能となります。

 

 ですが、“以前からなんとなく腰が重い”であったり、“もう何年も腰が張っていて固い感じがある”というものに関しては、健康保険を使用対象外である可能性が高いので、当院では健康保険は使用せず、自費での施術を推奨しています。

 

もともと慢性的な腰痛があった方でも、いやむしろそういう方こそ、何か些細なきっかけや原因で痛めてしまいます。

このような「今までなかった強い痛みが、何かのきっかけで出てしまった」という場合には、原因のある急性の怪我として健康保険が使用できる可能性が十分に考えられます。

 

実際にご自身で“あの時にこう痛めたな”と明確に判断できる方は多くありません。

 

ですので今までなかった腰部付近の痛みが最近出てきてツライ、などの症状をお持ちでしたら、ご自身で判断されずに是非一度当院にご相談ください。

 

仕事中や通勤途中で痛めてしまった場合は労災での対応、交通事故で痛めてしまった場合(捻挫・打撲・挫傷)は自賠責保険使用での施術も当院は承っておりますので、是非ご相談下さい。